投稿者「Administrator」のアーカイブ

【受付開始】第1回未来探索の会
~インターネットの次に来るもの~3/23


会員各位

いつもお世話になっております。

今年度のBPIA講演会では、元日本経済新聞社メディアラボ所長であり、現在も多数の肩書を持つ、
坪田知己氏にナビゲーターを務めていただき、『未来探索の会』を開催いたします!

この会は、技術や経済、社会動向などで20-30年先がどうなるかについて、先見性のある方を招いてディスカッションする形式で行います。

記念すべき第1回のゲスト・スピーカーには、元朝日新聞社の服部桂氏をお招きいたします。
服部氏はMITのメディアラボで研究員をするなど、インターネットの歴史や社会に与える影響などに関して、深い知見と洞察をお持ちです。

今回は、服部氏が翻訳を務められた『インターネットの次に来るもの』を課題図書として、講演会を開催いたします。

本会ではBPIAにご興味をお持ちの会員ご紹介者様にもご参加いただけます!
大変貴重な機会となりますので是非お連れ様もご一緒に、お越しください。

——————————————————————————————————-
【第1回 未来探索の会】

日 時:2017年3月23日(木)18:30-20:00(受付開始18:10~)
場 所:リコーITソリューションズ株式会社(晴海 トリトンスクエア)
タイトル:インターネットの次に来るもの
講 師:服部 桂(はっとり かつら)氏

※課題図書について
『<インターネット>の次に来るもの』(ケヴィン・ケリー著 NHK出版)2,000円+税
を事前に読んでお越しください。
    
——————————————————————————————————-

≪ナビゲーターからのメッセージ≫

この会は、技術や経済、社会動向などで20-30年先がどうなるかについて、先見性のある方を招いてディスカッションする形式で行います。
原則として、課題図書を事前に読むことを義務付けます。単なる興味の方はご遠慮下さい。少人数で、濃密でレベルの高い議論をしたいと思います。
第1回の課題図書は『<インターネット>の次に来るもの』(ケヴィン・ケリー著NHK出版)です。面白い本です。
インターネットの社会的な影響についての本は、いい加減な本が多い(特にデジタルメディアの未来については、まともな本は皆無)のですが、この本は唯一、読むに値する本です。
訳者の服部氏は、30年来の友人で、日本の新聞業界では「朝日の服部、日経の坪田」と言われた関係です。
服部氏に話したところ、快諾していただき、この本の魅力、読むべきポイントを話していただきます。半分以上をディスカッションに当てます。読んでない人の質問は受け付けません。         

【講演内容】
米デジタルカルチャー誌「WIRED」の創刊編集長ケヴィン・ケリーの近著『<インターネット>の次に来るもの』は、過去30年間のデジタル化の歴史を振り返り、われわれがいかにその意味を理解していなかったかを分析する。さらにその結果をもとに、インターネットが支配するデジタル時代の持つ本質的な力学を「アクセスする」「シェアする」などの12の言葉で特徴づけ、これらが不可避な形でこれからの社会や生活を支配し、これからAIやVRのテクノロジーが加わることで、いろいろな分野で現在は考えられないようなイノベーションが起きると予想する。しかし、なぜこうしたテクノロジーの進化はなかなか目に見えず理解できないのだろう? この本を読み解くことで、現在起きているデジタル時代の変化を可視化し、かつ未来を見るための方法論が可能なのかどうかを論じる。

【講師プロフィール】
服部 桂(はっとり かつら)氏
1978 年朝日新聞社入社。80年代初頭にAT&Tの通信ベンチャーに出向。87 年から89 年まで、MITメディアラボ客員研究員。科学部記者、「ASAHIパソコン」 副編集長、「DOORS」編集委員、「PASO」編集長を歴任し、ジャーナリスト学校でメディア研究誌「Journalism」を編集。 著書に「人工現実感の世界」(日刊工業新聞 技術・科学図書文化章優秀賞)、「人工生命の世界」「メディアの予言者 マクルーハン再発見」など。訳書に「ヴィクトリア朝時代のインターネット」「テクニウム テクノロジーはどこへ向かうのか?」など多数。

◆◇◆◇◆開催概要◆◇◆◇◆

■日時: 2017年3月23日(木)
18:30-20:00 研究会 (18:10〜 受付)
20:00-21:00 懇親会 *ビールと軽いおつまみを出します。可能な方はご参加ください。

■場所: リコーITソリューションズ株式会社
東京都中央区晴海1-8-10 晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワーX(総合受付 42F)
(勝どき駅より徒歩7分、月島駅より徒歩9分)
http://www.jrits.co.jp/about/access/tokyo.html

■参加費: 500円/人(交流会費込)
※ BPIA会員ご紹介者の方も参加できます。

■募集人数: 30名程度
※少人数で密にディスカッションができる会にしたいと思います。

■ナビゲーター:
坪田 知己(つぼた ともみ)氏
1972年日本経済新聞社入社。大阪社会部、名古屋編集部、東京産業部などで記者。『日経コンピュータ』副編集長、産業部デスク、社長室マルチメディア担当次長、マルチメディア局企画開発部長、電子メディア局次長、日経メディアラボ所長を経て、2009年定年退職。1994年以降、日経のインターネット事業戦略の立案に従事。
(独)産業技術総合研究所の研究評価委員を10年勤める。2003-10年、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特別研究教授。
現在は合同会社Loco共感編集部代表社員、京都工芸繊維大学特任教授、NTTドコモ・モバイル社会研究所理事、内閣府・地域活性化伝道師など13の役職を持つ。
著書は『サービス文明論』『21世紀の共感文章術』『2030年メディアのかたち』『マルチメディア組織革命』など多数。

▼お申込みはこちら↓↓

お名前 (必須)

会社名(必須)

ご部署 (必須)

役職

メールアドレス (必須)

備考

認証
captcha

【資料】BPIA 例会【2017年度第2回】
講師:森川 勇治(もりかわ・ゆうじ)株式会社ウェッブアイ 代表取締役社長
プロジェクト・プログラムプラットフォーム


会員各位

昨日行われました2017年度第2回BPIA例会の資料を掲載いたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
BPIA 例会【2017年度第2回】
タイトル:プロジェクト・プログラムプラットフォーム
講 師:森川 勇治(もりかわ・ゆうじ)
    株式会社ウェッブアイ 代表取締役社長
     
2017年2月15日(水)朝 8:00~9:30/日本オラクル(外苑前)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

資料はこちらから↓↓↓
2017年度第2回例会資料プロジェクトプラットフォーム

【受付開始】第六期 WEBビジネス研究会 第一回
デジタルマーケティング激動の時代、企業はどう対応すべきか
~大局を捉えることで見えてくる企業のマーケティング戦略~


会員各位

いつもお世話になっております。
3月15日(水)より、ナビゲータ石田様による第六期のWEBビジネス研究会がスタートします!

第六期WEBビジネス研究会のテーマは「マーケティングテクノロジー」です。

AI、ディープラーニング、マーケティングオートメーションなど、
今もっとも旬なテーマを多彩なゲストにお話いただきます。

記念すべき第一回のゲスト講師として、
東証マザーズ上場の株式会社ロックオン・代表取締役社長の岩田進氏にご講演いただきます。
ロックオン社は、本年より新たなBPIAの法人企業会員メンバーへご加入いただきました。

貴重な機会となります為、皆様是非奮ってご参加ください!
たくさんの皆様のお越しをお待ち申し上げております。

——————————————————————————————————-
【第六期 WEBビジネス研究会 第一回】

日 時:2017年3月15日(水)17:00-18:30(受付開始16:30~)
場 所:日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社(不動前)
タイトル:デジタルマーケティング激動の時代、企業はどう対応すべきか
     ~大局を捉えることで見えてくる企業のマーケティング戦略~
講師:岩田 進 (いわた すすむ)氏
   株式会社ロックオン 代表取締役社長
——————————————————————————————————-

ご存じの方も多いと思いますが、元々ナビゲータ石田はネットショップの運営者でした。
2005年にEコマース業界に足を踏み入れた当時は、大量のメールアドレスを買って販促を打ったり、インターネット広告をとにかく押さえることが売上アップの鍵を握っていました。

ただ、インターネット市場の競争が激化したことで、そんな「大味な戦略」から「緻密な戦略」にマーケティングが変わってきているように感じます。そのポイントは「データ」だと思います。

第六期最初のWEBビジネス研究会では、岩田さんにデジタルマーケティングの変遷の総論と、これからのマーケティングのポイントについてお話いただきたいと思っています。

〜講師より〜

昨今、デバイス・メディアの急速な移り変わりやマーケティング施策の乱立により、
企業のマーケターは何から取り組めば良いか日々、頭を悩ませています。

本講演では、コンピュータに触れはじめてから
20年にわたりデジタルマーケティングの移り変わりを俯瞰して見てきた立場から、
現在のデジタルマーケティングを大局でとらえシンプルに整理をし、
今、各企業で行うべきマーケティング施策を事例も交え分かりやすくお伝えします。

【講師プロフィール】
岩田 進 (いわた すすむ)氏
株式会社ロックオン 代表取締役社長

2001年、大学在学中に株式会社ロックオンを創業。
以来、“Impact on the World”という理念のもとデジタルマーケティング領域の製品を開発し、マーケティングプラットフォーム『アドエビス』、ECオープンプラットフォーム『EC-CUBE』を、インターネット広告市場、BtoC Eコマース市場各々において国内No.1シェア製品へと成長させ、国内最大級のマーケティングソリューションを構築した。

現在は、大阪本社を中心に、東京と福岡に支社、アメリカ シリコンバレーにマーケティング拠点、ベトナムにオフショア開発拠点を置くなど世界展開を進めており、2014年9月には東証マザーズに上場。

サイバー領域の知見を活かした「マーケティングの自動化・効率化事業=マーケティングロボット」を事業として国内唯一の地位を確立し、更なる飛躍を目指す。

▼株式会社ロックオン 公式サイト
http://www.lockon.co.jp/

◆◇◆開催概要◆◇◆

■日時: 2017年3月15日(水)
17:00-18:30 研究会 (16:30〜 受付)

■場所: 日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社 本社
東京都品川区西五反田 四丁目32番1号
東京日産西五反田ビル 2F
(東急目黒線 不動前駅より徒歩2分)
http://www.ncd.co.jp/company/base/

■ナビゲーター:
石田 麻琴 株式会社ECマーケティング人財育成 代表取締役

▼BPIA オフィシャルサイト
WEBビジネス研究会
http://b-p-i-a.com/?page_id=6674

▼お申込みはこちら↓↓

お名前 (必須)

会社名(必須)

ご部署 (必須)

役職

メールアドレス (必須)

備考

認証
captcha