研究会」カテゴリーアーカイブ

【レポート】企業活性化研究会 企業訪問レポート キッコーマン食品株式会社 野田工場

平成29年11月28日実施

企業活性化研究会では、月1回の定例研究会のほか、年に数回、特徴ある経営で成功している企業を訪問しています。今回は、キッコーマングループのキッコーマン食品株式会社 野田工場を訪問いたしました。
キッコーマンは「伝統」と時代を洞察する「革新性」を企業風土とし、消費者本位を基本理念、食文化の国際交流、地球社会にとって存在意義のある企業を経営理念とするグローバル企業です。品質管理(安心安 全)、食育、ブランドの維持、高収益(しょうゆ世界戦略)などに注力されています。

キッコーマンのグローバル戦略

キッコーマンは、江戸時代に野田での醤油造りにはじまり、1917年の野田醤油株式会社の設立を経て、戦前に日系人市場向けに出荷していたしょうゆを1949年にアメリカ人市場開拓のため輸出を再開、1957年にサンフランシスコに販売会社を設立して本格的なマーケティングを開始、レシピの紹介などで普及につとめ、1972年には現地生産を開始、「経営の現地化」を基本方針として、世界に生産拠点を展開しています。
2008年には、“グローバルビジョン2020”を発表、海外しょうゆビジネスモデルや世界でのネットワーク、研究や技術開発力、社会的責任などの企業価値を源泉として、以下の企業の目指す姿を明確にしています。

  • キッコーマンしょうゆをグローバル・スタンダードの調味料にする
  • 食を通じた健康的な生活の実現を支援する企業となる
  • 地球社会にとって存在意義のある企業となる

現在では、連結売上高 4,022億円のうち海外が 2,285億円、営業利益 328億円のうち海外が 238億円、従業員 6,800名のうち海外が 3,500名と、いずれも海外が半数以上をしめるグローバル企業に進化しています。
国際的に存在意義を高める社会貢献活動としては、米国における教育機関への寄付活動、オランダにおける水質改善プロジェクト、シンガポールにおける浄化システムの整備支援、ケニアにおける栄養改善プロジェクトなどがおこなわれています。
また、ミラノ万博でのワークショップイベント開催や東京オリンピックへの協賛など、機会あるごとに食の提案を実施されています。

付加価値とブランド化の追求

醤油に新しい価値を追求した、高品質な生しょうゆの開発やデザイン性の高い密閉ボトルの開発による“いつでも新鮮シリーズ”の発売のほか、キッコーマンブランドとしては醤油、豆乳、本つゆ、ぽんず、うちのごはんなどがあり、マンズワインブランド(葡萄の栽培地と栽培方法にこだわったプレミアム日本ワインの「ソラリス」シリーズなど。「日本ワイン」とは、日本で栽培収穫されたブドウのみを原料として日本で壜詰めされたワインの呼称です)、デルモンテブランド(ケチャップ、飲料など)、マンジョウブランド(料理酒、みりん)があり、それぞれブランドの付加価値の追求に努めておられます。

組織活性化への挑戦

社員一人ひとりが働きがいをもって挑戦的に仕事に臨む活力ある組織を目指して、数々の施策を展開されています。2015年から実施された組織力向上プロジェクトでは、外部コンサルタントを活用、意識調査や社員インタビュー等による現状調査により課題を抽出し、社員の思考や行動特性、マネジメント(経営理念等に対する社員の認識評価)、会社の仕組み(組織人事に対する社員の認識等)および他社との比較などの面から課題を見極め、施策の方向性を検討されました。事業の現場では、業務とコストの現状を可視化して業務上の課題を特定し、課題の仕分けと整理を実施されました。

施策のひとつとして、部門長および所属長は「挑戦」や「消費者本位」をキーワードとした中長期の「組織活性化ビジョン」を策定した上で、それをもとに年度の目標や方針を示します。それに基づき、社員はチャレンジ目標を策定します。このようにして、全社員の挑戦へのモチベーションの高揚をはかられています。また、挑戦を具現化する制度としては、“みんなのアイデアボックス”(提案と意見交換のシステム)や、K-VIP(キッコーマン・ベンチャー・インキュベーション・プログラム)があり、新事業、新商品の創出をサポートしています。
今年度からは、“働きやすい職場の実現”や“限られた時間で成果をあげる生産性向上”を目指して、新しい働き方への挑戦を開始されました。

さいごに

日本の大企業の工場は、高度に自動化され省力化が進んでいます。そのことが、品質の均一化と生産性向上に大きく貢献してきたわけですが、工場での雇用は減っています。AI化によるロボットの高機能化と事務的な作業の自動化、海外現地生産の進展などで、ますますこの傾向が強まると思われます。今後は、地方での雇用を拡大する面からも、現場レベルでの付加価値の高い製品の提案、異分野との融合による新しい事業分野への挑戦、働き方改革の実践等の努力が重要と思われます。
今回の企業訪問では、伝統ある企業の挑戦し続ける姿が非常に参考になりました。企業訪問に際し、ご対応いただいたキッコーマンの関係者の方々に感謝いたします。今後も特徴ある施策を実践している企業や魅力ある経営で成果をあげている企業を訪問し、企業活性化の要因分析を進めます。

( 岡田 正志  B&Tコンサル・オフィス 代表)

第115回 目からウロコの「新ビジネスモデル」研究会(10/17)
『デジタルを斬る!!』パネルディスカッション

 

〜参加者の感想 & レポート〜
今回は話題のパネラーが4人もいて、活発なディスカッションもあったせいか、様々な視点からたくさんのウロコが落ちたようです!

◼︎◼︎◼︎参加者の「目からウロコ〜」◼︎◼︎◼︎

  • 4人のパネラーがそれぞれ成功する貢献するためのこだわりが聞けたのでとても刺激を受けました
  • いつもはエンジニアと話すことが多いので、経営層の思いが聞けて目からウロコでした
  • 急な変革が起きているわけではなく、かなり前から準備していること
  • 技術より工夫で解決する方が多い
  • 技術より工夫が大事
  • 多くて書ききれませんが、表向きと違ってウラでR&Dをやっていらっしゃる現場の話が面白かったです
  • 情シスが隠れてAWSのチームを組んでいたこと
  • 「サーバーは無くならない、ハイブリッドクラウドが現実的」という考え方に対する長谷川さんの逆説を聞いて感銘を受けました
  • 受託で失敗すると大問題だが、自社事業なら失敗できる
  • 内製のメリットは失敗できること
  • 立ち回りの工夫
  • 事業会社のIT(デジタル)への取り組みの広さ、深さ
  • 新しい技術で消える職能とともに、新しい職能という具体例 (CUI→GUI→VUI)
  • 音声認識にAIが加わることの可能性
  • ソフト会社がリアルの商売を始めている
  • 事業会社がITをやるようになったように、IT会社も事業をやらなければダメ
  • 長谷川社長が言ったWebベンチャーの社長は全て(上から下まで)一人でやっているという言葉
  • システムのクラウド化のキモはトップのパッションで決まると感じました
  • TRIALさんの先進的な店舗やショッピングカートの仕組み
  • デジタル展開は常にingでないとすぐに陳腐化することを先端企業でも同様に悩んでいることを再認識した
  • SIも小売業も、まだまだ工夫の余地がいろいろあるという事実
  • クラウド技術は個別に見れば枯れており、オンプレ技術者でも十分対応できるという点

などなど…

 

◼︎◼︎◼︎パネル レポート◼︎◼︎◼︎
デジタルトランスフォーメーションを標榜しているものの、表面的なデジタル化に終始する、いわゆる「なんちゃってデジタルトランスフォーメーション」に陥ってしまっている日本企業は多い。
その中でもデジタルについて、ユーザー、ベンダーとしてそれぞれ徹底した取り組みをしているのがこの4企業だ。

冒頭、セゾン情報システムズ 小野氏よりデジタルトランスフォーメーションを実践できている企業がなぜ実現できているのか問いが投げかけられた。
クラスメソッド 横田氏はお客様を支援する立場から、やはりトップの支援の重要性を挙げた。
ユーザーも自社のデジタル化について悩んでいるが、一言のトップの支援が鍵となるとのことだった。
トライアルホールディングス 西川氏は小売業におけるデジタル化について道具として不可避であるという認識の下、危機感がそれを推し進めていると言及した。小売業の場合、競争相手はECの企業となる。彼らはそもそもデジタルであるため、実店舗が競争するためには実店舗でも様々な取り組みをしなければ追いつかない。そして、そのためには信念としてのトップダウンでのデジタル施策の遂行が必要と論じた。
ハンズラボ 長谷川氏はトップのやる気はもちろんの事だが、情シス・CIOの遂行へのこだわりについても言及し、何が何でもやってやると思っているのか、ユーザー部門発のデジタル化に対して情報システム部門こそがブレーキをかける存在になっていないかという点に言及した。また、必要な時にぶっつけ本番で新技術を取り入れるのではなく、実験やチャレンジを常に行い、必要となったときにある程度の知見を持って取り組める環境づくりの重要性についても触れた。
それに対して、西川氏は事業会社でかつ開発のほとんどを自社で行っている立場から、成功するまでチャレンジする自社の文化について紹介した。

パネルディスカッションでは、最新の音声認識技術への取り組みや、それが今後どのように我々の生活に影響を及ぼすのか、またそれによりどのような仕事が必要になるのか等の話題で盛り上がった。各パネラーとも最新の事情に詳しいだけあって、その取り組みについて具体的な例を交えて各自の見解を披露した。

質疑応答では、ユーザーとベンダーのそれぞれの立場から、デジタルトランスフォーメーションに対する苦悩や関係者との協力関係の構築について質問が上がった。
デジタルトランスフォーメーションに対する取り組みが不可避と言われる昨今だが、取り組みに対する各社の姿勢に多くの学びがある研究会であった。

 

——————————————————————————————————-
第115回 目からウロコの「新ビジネスモデル」研究会

日 時:2017年10月17日(火)18:15-20:30(受付開始18:00~)
場 所:日本オラクル株式会社(外苑前)
内 容:『デジタルを斬る!!』パネルディスカッション
——————————————————————————————————-

第115回 目からウロコの「新ビジネスモデル」研究会 10周年特別企画 (10/17)

おかげさまで10周年!!!

記念すべき「目からウロコの新ビジネスモデル研究会」
10周年特別企画は、初のパネルディスカッション!

『デジタルを斬る!!』

業界で日本のITを牽引する稀代の論客4人が、
めまぐるしく変化するデジタルトランスフォーメションの
さまざまなトピックについて鋭い視点で斬り込みます!!

「スマホの次にくるプラットフォームとは?」
「UXのデザインが変わった!」
「これからの”生活体験”」
「手動/自動のさじ加減」
「AI (After Internet)時代に求められる9つの基本原則」。。。などなど。

この4人が集まったら、面白くないわけがないっ!!
この機会をぜひお見逃しなくっ!!

【パネラープロフィール 】
セゾン情報システムズ常務取締役CTO
アプレッソ代表取締役社長
小野 和俊 氏
http://home.saison.co.jp/
https://www.appresso.com/
1999年、サン・マイクロシステムズ株式会社に入社。入社後まもなく米国 Sun Microsystems, Inc での開発を経験し、2000年より株式会社アプレッソ代表取締役に就任、データ連携ミドルウェアDataSpiderを開発。2013年よりセゾン情報システムズHULFT事業CTO、2015年より取締役 CTO、2016年より常務取締役 CTOを兼任。目下、「バイモーダル」な企業文化の実現とSIerの今後のあり方の模索、そして日本発のエンタープライズプロダクトの世界での成功にチャレンジ中。

株式会社東急ハンズ執行役員 オムニチャネル推進部長
ハンズラボ株式会社代表取締役社長
長谷川 秀樹 氏
https://www.tokyu-hands.co.jp/
https://www.hands-lab.com/
1994年、アクセンチュア株式会社に入社後、国内外の小売業の業務改革、コスト削減、マーケティング支援などに従事。2008年、株式会社東急ハンズに入社後、情報システム部門、物流部門、通販事業、オムニチャネル推進の責任者として改革を実施。デジタルマーケティング領域では、ツイッター、フェイスブック、コレカモネットなどソーシャルメディアを推進。2013年、ハンズラボ株式会社を立ち上げ、代表取締役社長に就任。

株式会社トライアルホールディングス
取締役副会長 グループCIO
西川 晋二 氏
https://www.trial-net.co.jp/
1982年 Panasonic(松下電器貿易)入社 、1987年 米国Panasonic(シリコンバレー支社)出向、 1993年 Panasonicディスクシステム事業部帰任 、1996年 トレーサーテクノロジージャパン 代表取締役 、2002年 トライアルカンパニー入社(ティーアールイー代表取締役、 2016年7月より現職
シリコンバレーの経験とベンチャー起業・経営経験を活かし、現在は流通小売ITの知見を加え、IT戦略推進責任者として、業界にイノベーションを起こすべく奮闘しております。

クラスメソッド株式会社
代表取締役
横田 聡 氏
https://classmethod.jp/
2004年クラスメソッド株式会社を創業。クラスメソッド株式会社 代表取締役に就任し現在に至る。「すべての人々の創造活動に貢献し続ける」を企業理念に、デベロッパーコミュニティ運営や、
技術ブログ「Developers.IO」の企画を通じて、事業会社のデジタルトランスフォーメーションをエンジニア側から支える。AWS Community Heroes、AWS Samurai 2014認定。三児の父。

▼▽▼▽▼開催概要▼▽▼▽▼

【日時】
2017年10月17日(火) 18:00〜20:30
18:00〜受付開始
18:15〜18:35 目からウロコ〜10年のあゆみ
18:35〜20:00 パネルディスカッション
20:00〜20:30 質疑応答
20:40〜22:40 懇親会 (会費別)

【セミナー会場】
日本オラクル株式会社 本社
東京都港区北青山2-5-8 オラクル青山センター 【13F 会場】
(東京メトロ銀座線 外苑前駅 4B出口直結)
http://www.oracle.com/jp/corporate/branch/aoyama-078891-ja.html

【参加費】※ BPIA会員以外の方も参加できます
1,000円

【懇親会会場】
PRONTO 外苑前店
東京都港区北青山2-5-8 青山OM-SQUARE B1F
(セミナー会場と同ビル内)

【参加費】※ BPIA会員以外の方も参加できます
4,000円

※セキュリティの関係上、当日の参加申込は受け付けておりません。
・会費はセミナー受付時に現金にてお支払いください。
・プランの変更をご希望の場合は、すみやかにお知らせください。
・懇親会をキャンセルされる場合は、【10/13(金)まで】にご連絡ください。
それ以降のキャンセルは、会費をご請求させていただく場合がございます。

【参加申込〆切】
2017年10月12日(木)中

ナビゲーター:
下條 治 日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社 代表取締役社長
合田 友昭 日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社
井ノ上 美和

共催:
ビジネスプラットフォーム革新協議会(BPIA)
IT Media エグゼクティブ

▼BPIA オフィシャルサイト
目からウロコの「新ビジネスモデル」研究会
http://b-p-i-a.com/?page_id=6674

———————————————-
※お申込み受付は終了しました
———————————————-

第114回
BPIA 目からウロコの新ビジネスモデル研究会 (9/26)
『グローバルビジネスに求められるグローバルコミュニケーションの基本 〜和・場・間のフレームワーク〜』
講師: バレオコンマネジメントコンサルティング
シニアマネージャーWood Bastian氏




【参加者の方の“目からウロコ!”】

  • PREPというフレームワークの中でスピーチを組み立てていくこと
  • PREP Framework (Active Listeningを省略しても、PREPをもっと聞きたかった)
  • Active Listeningの威力
  • アイデアと人格は別ということ
  • High contextとLow contextの比較が面白かった
  • 共有されたバックグラウンドの有無とコミュニケーションの濃淡
  • 仕事上だけでなく、実生活で使えることばかりだったこと
  • 実際のFrameworkで様々な思考があったこと
  • 自分が理解しているということを、相手に伝えることが重要という考え方
  • 英語はムリだと思っていたけど、やっぱりムリだった。でもWood氏の講義で本当に大事なことがなにかが理解できました

————————————————————————————-
第114回 目からウロコの「新ビジネスモデル」研究会

日 時:2017年9月26日(火)18:15-20:30(受付開始18:00~)
場 所:日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社(不動前)
タイトル:『グローバルビジネスに求められるグローバルコミュニケーションの基本
     〜和・場・間のフレームワーク〜』
講 師: バレオコンマネジメントコンサルティング
     シニアマネージャー Wood Bastian氏
————————————————————————————-
メールの返事がなかなか来ない…
ミーティングをしても、なかなか議論がまとまらない…
プレゼンの反応がいまいち…

「伝えたいことが、きちんと伝わらない」
「期待するアクションが返ってこない」
日本人同士のコミュニケーションでもよくあることです。
相手が、外国の人ならなおさら。 

英語でのコミュニケーションは難しいと感じている人も多いかと思いますが、
実は、英語力以前の、コミュニケーションスキルの問題です。

「まず要点を言ってから、背景説明をする」
「メールのCCにたくさん人を入れるのはNG」
など、基本的なビジネスのテクニックは、日本語でも多言語でも同じ。

日本在住30年のアメリカ人コンサルタントが、
「日本人が使いがちなNG表現」
「やりがちなミーティングの進め方」などをズバリ指摘!
ケースステディとロールプレイで、実践的なテクニックを学びます。

ちょっとした違いで、あなたのコミュニケーションスキルがグッと上がります!

【講師より】
マッキンゼー&カンパニー、PRTM(現PwC)等のコンサルティング時代に、クライアントの日本企業と欧米企業間のコミュニケーション文化の違いによるさまざまな問題に直面しました。
ちょっとした表現や習慣の違いが原因で、スムーズにコミュニケーションがとれないばかりか、思わぬトラブルに発展することもありました。
そんな中で見出したのが、和・場・間 (Harmony-Situation-Space) のフレームワークです。

このフレームワークにあてはめることで、グローバル思考にマインドセットしやすくなり、
異文化間でも、共通のルール上で、スムーズな業務進行や問題解決ができるようになります。

現在では、大手製薬会社やメーカー等でも、このフレームワークをベースとした「グローバル・コミュニケーション・プログラム」をリーダー教育の一環として採用しています。
今回は、このプログラムのコアとなる考え方を実感体験していただきます。

ぜひこの機会に、エグゼクティブにふさわしい海外パートナーとのコミュニケーションのコツ、効果的な結果をスマートに導き出す糸口を見つけていただければと思います。

ご参加にあたり、英語力のレベルを気にされるかもしれませんが、「正しい英語」よりも「シンプルで明快な英語」を使った、実際の業務に役立つコミュニケーションスキルの体験の時間だとお考えください。

講演はシンプルな英語で行いますが、参加者同士の日本語でのディスカッションやロールプレイもはさみますので、英語に自信がない方でも気軽に楽しんでいただけます。

自分は英語ができない…と思っている方でも、意外とネイティブの英語が聞き取れた!と自信がつくと思います!

【講師プロフィール 】
Wood Bastian (ウッド・バスティン)氏
バレオコンマネジメントコンサルティングシニアマネージャー

米国出身。株式会社ブリヂストン勤務を経て、IMS、マッキンゼー&カンパニー、PRTM(現PwC)でハンズオンスタイルのコンサルティングを行う。シニアマネジメントと密に関わりながらこれまで製薬業界を中心に幅広い業界で企業のオペレーション変革を行い、製品開発とローンチエフェクティブネスのエキスパートとしてグローバル企業の多国籍チームを率い、人材育成、オペレーション変革で成果を出してきた。日本語も堪能で日本の文化やビジネス様式も深く理解している。オレゴン州立大B.S. 物理学専攻、コーネル大学MBA。日本在住30年。
https://www.linkedin.com/in/arbastian/

▼▽▼▽▼開催概要▼▽▼▽▼

日時: 2017年9月26日(火)
18:00〜20:30
18:15-19:45 研究会 (18:00〜 受付)
19:45-20:30 交流会 (ビールとスナック)

場所: 日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社 本社
東京都品川区西五反田 四丁目32番1号
東京日産西五反田ビル 2F
(東急目黒線 不動前駅より徒歩2分)
http://www.ncd.co.jp/company/base/

参加費: 500円/人 (交流会費込み)
※ BPIA会員以外の方も参加できます

ナビゲーター:
下條 治 日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社 代表取締役社長
合田 友昭 日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社
井ノ上 美和

共催:
ビジネスプラットフォーム革新協議会(BPIA)
IT Media エグゼクティブ

▼BPIA オフィシャルサイト
目からウロコの「新ビジネスモデル」研究会
http://b-p-i-a.com/?page_id=6674

お申込みはこちらから↓↓↓
終了しました!