Webビジネス研究会」カテゴリーアーカイブ

【レポート】第六期WEBビジネス研究会の第3回~「IT会社が自転車メディア!?わずか1年間で月間200万PVを達成した「LIFE-B」のヒミツ」~

 こんにちは、BPIA/WEBビジネス研究会ナビゲータの石田です。今回は5月18日(木)に明豊ファシリティワークスさんのセミナールームで開催された、第六期WEBビジネス研究会の第3回についてレポートをさせていただきます。

 第3回のゲスト講師には、BPIA会員の日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社・LIFE-B編集長の鈴木伸宏さんをお招きしました。テーマは「IT会社が自転車メディア!?わずか1年間で月間200万PVを達成した「LIFE-B」のヒミツ」です。

 昨年度のWEBビジネス研究会に参加された皆さんはご存知のことと思います。鈴木さんは昨年度のWEBビジネス研究会の講師。ケーススタディとして当時リニューアルしたばかりの自転車メディアサイト「LIFE-B」の取り組みと成長をお話しいただきました。当時、2016/3から2016/6にかけても急成長をしていたLIFE-Bですが。さらに1年が経って、どれくらいの成長をしているか、というのが今回の見どころでもありました。

 まず結論からいうと、鈴木さんが編集長を務める自転車メディア「LIFE-B」は2017/3に目標である月間200万PVを達成しました。日本の自転車メディアのトップ層が月間200万~500万PVということですから、LIFE-Bはたった一年で自転車メディアの上位に追いついたことになります。このメディアサイトの成長について、講演で鈴木さんが話してくれたのはふたつのポイントでした。

 ひとつは月間30万PVまでいかにしてもっていくか、というポイントです。ここについてはどのようなメディアでも活用することができる汎用的な手法を話してくれました。成長のカギになるのは、メディア記事のタイトルと見出し、キーワードの管理です。またメディアサイトの更新頻度を上げること。ニッチなキーワードを狙い、更新頻度の多さで勝負をしていくことで、月間30万PVはどのサイトでも可能だといいます。LIFE-Bの場合、1日最大6記事をアップしていました。1記事が1,500文字ほどですから、とんでもない努力です。

 もうひとつの成長ポイントです。月間30万PVの壁を突破できたのはソーシャルメディアの活用でした。DeNAのメディア問題などもあり更新頻度での勝負から自前のコンテンツの面白さでメディアを成長させる戦略に切り替えたのです。女性が自転車で坂をのぼる「漕ぎ坂」やユーチューバーとのコラボレーションなどLIFE-Bならではの、自転車の「ライトユーザー」向けの記事を作成したことでソーシャルメディアの拡散に乗ることができました。そこで一気に月間100万PVを突破です。

 現在ではソーシャルメディアで当たりやすい記事のパターンやノウハウも蓄積し、ヒット率もかなり上がっているとのことですが、以前はメンバー各人で100コずつアイデアを持ち寄って企画会議をおこなったり、月間200万PVに到達するまでにかなりの汗水を流しているのだなと感じました。メディアサイトは比較的大手企業も取り組みやすいのですが、安易に参入して続かないパターンがほとんどです。その中でもLIFE-Bが成長してきたのは、地味で手間で面倒な仕事を続けたから、また会社の理解とバックアップがあったからだと感じました。

 最後になりますが、会場をお貸しいただいた明豊ファシリティワークスの大島さん。BPIA事務局の川上さん。誠にありがとうございました。今期のWEBビジネス研究会は今回で一旦終了です。次年度に向けて、また充実した企画を練っていきたいと思いますので、引き続きよろしくお願いいたします。またお会いしましょう。

第六期WEBビジネス研究会の第3回(5/18)
IT会社が自転車メディア!?
わずか1年間で月間200万PVを達成した「LIFE-B」のヒミツ

会員各位

いつもお世話になっております。
5月18日(木)は、第六期WEBビジネス研究会の第3回が開催となります!

第六期WEBビジネス研究会のテーマは「マーケティングテクノロジー」です。

AI、ディープラーニング、マーケティングオートメーションなど、
今もっとも旬なテーマを多彩なゲストにお話いただきます。

第3回は、日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社<鈴木伸宏氏>にご講演いただきます。
鈴木氏には第五期WEBビジネス研究会において、自社が運営する自転車メディアサイト、
「LIFE-B」をケーススタディにご紹介いただきました。

その後加速的に成長し、わずか1年間で月間200万PVを達成するまでになった「LIFE-B」。
そのヒミツについて、お話しいただきます!

——————————————————————————————————-
【第六期 WEBビジネス研究会 第三回】

日 時:2017年5月18日(木)17:00-18:30(受付開始16:45~)
場 所:明豊ファシリティワークス株式会社(永田町)
   http://www.meiho.co.jp/corporate/access.html
タイトル:IT会社が自転車メディア!?わずか1年間で月間200万PVを達成した「LIFE-B」のヒミツ
講師:鈴木 伸宏 (すずき のぶひろ)氏
   日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社
クリエイティブマーケティング部マネージャー
LIFE-B編集部編集長

——————————————————————————————————-

2016年3月から本格始動したNCDのサイクルライフメディアサイト「LIFE-B」。

第五期WEBビジネス研究会のケーススタディとして紹介した以降も加速的に成長し、
わずか1年間で月間200万PVを達成するまでになりました。

DeNAのメディアサイト問題という一件もあり、
2016年から2017年にかけて多くのキュレーションサイトやメディアサイトが混乱に陥っています。

このような市場環境の中で、

・ゼロからスタートしたLIFE-Bがなぜ成長をし続けられているのか
・どのメディアにも共通している有効な取組みとは何なのか
・今後メディアを運営していく上で何が必要になっていくか

以上を、実践的な経験を元にしてお話したいと思っています。

【講師略歴】
鈴木 伸宏(すずき のぶひろ)
日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社
クリエイティブマーケティング部マネージャー
LIFE-B編集部編集長

2011年7月、日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社に入社。
2011年7月~2015年8月までパーキングシステム事業部(遠隔管理システムを使用して駐輪場を運営・管理している事業部)の駐輪場サポートセンター(お客様問い合わせ窓口)に配属。
2014年10月にセンター長へ就任し、駐輪場サポートセンターとしての運営、事業部の新しい取り組みであるBtoC事業にも、コンシューマー向け窓口開設に向けて参加。その後、宣伝・販促業務も行う。
2015年8月、自転車関連メディアサイト【LLIFE-B】を開設。
2015年9月より新規事業選任メンバーとして新サービス推進部へ異動。
【LIFE-B】を中心にコンシューマー向けのサービスを運営・企画実施。
2016年3月、【LIFE-B】の全面リニューアルを実施し、独自性を持つ自転車メディアとして展開。
2017年4月、クリエイティブマーケティング部を立上げ、WEBを活用した新規事業を展開。

参考URL
◆自転車メディアサイト【LIFE-B】
http://life-b.jp

◆◇◆開催概要◆◇◆

■日時: 2017年5月18日(木)
17:00-18:30 研究会 (16:45〜 受付)

■場所: 明豊ファシリティワークス株式会社
東京都千代田区平河町二丁目7番9号 JA共済ビル6階(総合受付5階)
(半蔵門線・有楽町線・南北線「永田町駅」より徒歩2分)
http://www.meiho.co.jp/corporate/access.html

■ナビゲーター:
石田 麻琴 株式会社ECマーケティング人財育成 代表取締役

■BPIA オフィシャルサイト
WEBビジネス研究会
http://b-p-i-a.com/?page_id=8127

▼お申込みはこちら↓↓
終了いたしました!

【レポート】第六期WEBビジネス研究会の第2回
「AI・Deep Learningのビジネス活用について」。

こんにちは、BPIA/WEBビジネス研究会ナビゲータの石田です。今回は4月13日(木)に日本コンピュータ・ダイナミクスさんのセミナールームで開催された、第六期WEBビジネス研究会の第2回についてレポートをさせていただきます。

 第2回のゲスト講師には、BPIA会員のデータセクション株式会社・林健人COOをお招きしました。テーマは「AI・Deep Learningのビジネス活用について」。AIとディープラーニングはいま最もトレンド性のあるキーワードのひとつではないでしょうか。

 データセクション株式会社は元々、SNSの分析サービスからスタートをしています。1日1億ツイートともいわれるSNSの膨大なデータを口コミ分析していくのです。その過程で研究を進めてきたのが、「機械学習」でした。

 時代は文章のデータだけではなく、より直感的な「画像」「動画」の時代に入っていきます。テキストデータの分析で培った技術を使って、これらのデータをいかに分析するか、そしてAI化するか、そこにデータセクション株式会社のビジネスもシフトをしています。現在では自動運転やフィンテック、アグリテック、ロボテックなどに技術力を広げています。

 「AIは何でもできるわけではない。あくまで現在のAIは過去のデータの統計学的な分析であり、人間が直感的に行なう『0→1』ができるわけではない」そう林さんは言います。ここはトレンド化している「AI」の一般的な“勘違い”かもしれません。

 林さんがまず紹介してくれたのは、「ディープセクシー判定器」です。画像分析によって、インターネット上の卑猥・グロテスクな画像をフィルタリングすることができます。昔は人が目で画像をみて判断をしていました。いまはAIです。フィルタリングの精度は98%と言いますから、驚きです。

 画像分析では写真の中から「ロゴ」や「利用シーン」を抜き出して分析することができます。画像分析によって性別や年齢を判断することができますから、「どんなお客様が、どんなシーンで、どんなモノと一緒に商品を利用し、どんな感想を残したのか」を分析することができます。たとえば、スーパーの防犯カメラにうつるデータを分析すれば、来客数のカウントや店内移動のヒートマップをみることもできるのです。「リアルのデジタル化」というところでしょうか。

 データセクション株式会社の展開として海外進出があります。林さんも年間の半分ほどは東南アジア圏を中心に調査・展開を進めています。日本だと出してもらえないようなデータが、海外だと比較的スムーズに出してもらえることが多いようです。ひとつの展開としてインドの事例を上げてくださいました。

 林さんのお話で印象的だったのが「ラストワンマイルを埋める」という言葉でした。「AIはひとつのツールに過ぎない、いかにクライアントの業務におとし売上や利益に繋げるか、そこを考えているのがデータセクションの強みのひとつ」。最先端の知識や技術力だけではなく、クライアントの根本的課題に入りこめるコンサルティング能力が、データセクション株式会社を引っ張っているのだなと感じました。林さん、本当にありがとうございました。

 最後になりますが、会場をお貸しいただいた日本コンピュータ・ダイナミクスの合田さん、須崎さん。BPIA事務局の川上さん。誠にありがとうございました。次回5月18日(木)は、永田町の明豊ファシリティワークスさんでの開催になります。どうぞよろしくお願いします。