目からウロコの新ビジネスモデル研究会」カテゴリーアーカイブ

【受付開始】
第107回目からウロコの「新ビジネスモデル」研究会
『“マネジメントしないマネジメント”でアジア6ヶ国で事業を展開する!』


会員各位

お世話になっております。
第107回 目からウロコの「新ビジネスモデル」研究会は、2月28日(火)開催です!

この度は『ガイアの夜明け』でも取り上げられたスパイスアップ・ジャパンの豊田氏をお迎えし、ご講演いただきます。
たくさんの皆様のお越しをお待ち申し上げております。

——————————————————————————————————-
第107回 目からウロコの「新ビジネスモデル」研究会

日 時:2017年2月28日(火)18:15-20:30(受付開始18:00~)
場 所:日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社(不動前)
タイトル:『“マネジメントしないマネジメント”でアジア6ヶ国で事業を展開する!』
講師:豊田 圭一 (とよだ けいいち)氏
   株式会社スパイスアップ・ジャパン 代表取締役

——————————————————————————————————-

「ガイアの夜明け」でもとりあげられたスパイスアップ・ジャパン社の海外研修は、新興国でミッションをこなすことで「やってみたら、できた!」という経験をしてもらうというもの。

見知らぬ土地のリアルな現場での経験や、そこで身につけたスキルや知識は、”どこでもやっていける自信”につながります。

学校で学んだ知識だけでは太刀打ちできない、予測のつかない現代社会だからこそ”アカデミック・スマート”ではなく、”ストリート・スマート”が求められています。

「グローバルな環境で働くこと、チャレンジすることの楽しさを知って欲しい」と、自ら様々な事業をグローバル展開している豊田代表にそのノウハウを伺います。

〜講師より〜
「世界における日本のプレゼンスを向上する」をミッションに、アジア新興国で海外研修を実施しているスパイスアップ・ジャパンとグループ各社。

人材育成事業をメイン事業にしながら、30人に満たない人数で、アジア各国で語学学校やカレー屋、カフェ、日本語フリーペーパー発行など、様々な事業を展開しています。

「なぜ、アジア新興国で研修を実施しているのか?」
「なぜ、インドで語学学校を始めたのか?」
「なぜ、カンボジアでカレー屋さんを始めたのか?」
「どのようにマネジメントしているのか?」

過去20年以上に渡って、海外教育の分野で活躍をしてきた講師が、スパイスアップグループの海外展開とマネジメントスタイル、今後の展望等についてお話します。

【講師プロフィール】
豊田 圭一 (とよだ けいいち)氏
株式会社スパイスアップ・ジャパン 代表取締役

1969年埼玉県生まれ。幼少時の5年間をアルゼンチン(ブエノスアイレス)で過ごす。
1992年上智大学経済学部卒業。清水建設にて約3年間の勤務後、海外教育事業で独立。15年以上に渡って海外教育コンサルタントとして留学・海外インターンシップ・海外研修事業に携わる。
その他、SNS開発会社、海外携帯レンタル会社も起業。2005〜2007年には厚生労働省の委員も務めた。
現在はグローバル人材育成のための海外研修事業に従事する他、インドで英語学校Spiceup Academyを運営など、世界6ヶ国で事業を展開中。
著書は『とにかくすぐやる人の考え方・仕事のやり方』『引きずらない人は知っている、打たれ強くなる思考術』など全15冊。

▼株式会社スパイスアップ・ジャパン 公式サイト
https://spiceup.jp/

▼「TEDx SophiaU」
豊田氏の講演「MISSION: I’m Possible」You Tube動画
https://www.youtube.com/watch?v=dC4zhVRa1aA

▼▽▼▽▼開催概要▼▽▼▽▼

日時: 2017年2月28日(火)
18:15-19:45 研究会 (18:00〜 受付)
19:45-20:30 交流会 (ビールとスナック)

場所: 日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社 本社
東京都品川区西五反田 四丁目32番1号
東京日産西五反田ビル 2F
(東急目黒線 不動前駅より徒歩2分)
http://www.ncd.co.jp/company/base/

参加費: 500円/人 (交流会費込み)
※ BPIA会員以外の方も参加できます

お申込みはこちら↓

ナビゲーター:
下條 治 日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社 代表取締役社長
合田 友昭 日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社
井ノ上 美和

共催:
ビジネスプラットフォーム革新協議会(BPIA)
IT Media エグゼクティブ

▼BPIA オフィシャルサイト
目からウロコの「新ビジネスモデル」研究会
http://b-p-i-a.com/?page_id=6674

お申込みはこちらから↓↓↓

お名前 (必須)

会社名(必須)

ご部署 (必須)

メールアドレス (必須)

備考

認証
captcha

【受付開始】第106回 目からウロコの「新ビジネスモデル」研究会 (1/24)
『なぜそのITは企業の成長に貢献しないのか 〜タテ割りをぶち破る魔法のプロセス・イノベーション〜 』


会員各位

お世話になっております。
第106回 目からウロコの「新ビジネスモデル」研究会は、1月24日(火)開催です!

皆様のお越しをお待ち申し上げております。

——————————————————————————————————-
第106回 目からウロコの「新ビジネスモデル」研究会

日 時:2017年1月24日(火)18:15-20:30(受付開始18:00~)
場 所:日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社(不動前)
タイトル:『なぜそのITは企業の成長に貢献しないのか
〜タテ割りをぶち破る魔法のプロセス・イノベーション〜 』
講師: 羽生 章洋 (はぶ あきひろ)氏
   エークリッパー・インク 代表
——————————————————————————————————-

2017年がスタートしました!
今年は、単なるビジネスモデルの紹介だけでなく、
新ビジネスモデルの展開に必要な要素も含めて
「チャレンジ精神を忘れた日本人に気づきを与える」べく
目からウロコなテーマをご紹介してまいります。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

2017年1回目は、”プロセス”の見直しから。
“ITの活用”、”攻めのIT”などと言われて久しいですが、実際にITを活用できている企業は少ない… なぜITの活用ができないのでしょう。
実は、単にIT化するだけでは効果を生み出しません。間違ったIT化は、逆に業務の停滞やコスト増加等の問題を生み出すだけです。
ポイントは、「IT x プロセスの見直し」ができているかどうか。
企業の他、県庁などの行政機関や金融機関でも導入されているプロセス可視化、業務改善の手法についてご紹介します。

〜講師より〜
イノベーションを起こすためにはITが不可欠だと言われます。しかし現実はというと、あちこちでIT化プロジェクトの停滞・炎上・失敗などを伝え聞いたりもします。ではどうして多くのプロジェクトでIT化が上手くいかないのでしょうか。

実は要件定義の前に行うべき「プロセス設計」がこの20年ほどの間に失われてしまっているのです。プロセス設計不在のままのIT化がプロジェクトを迷走させてしまい、仮にどうにかIT化を推進できてもそのプロセス設計の差が、ITを単なる業務効率化のレベルに留めて部門間・階層間のタテ割り/タコツボ状態を温存したオールドエコノミーのままになるか、ディスラプター(破壊者)としてニュービジネスの騎手となるかの境目につながっています。

そこでプロセス設計をしっかりとしなければならない、となるのですが、現実的には企業規模の大小や業種業態の違いを問わず、現状業務の洗い出し・見える化ですら十分に出来ない状況が続いています。

この状況を打破して「誰でも・手軽に・楽しく・しかも短期間で」現状業務の洗い出しや見える化を実現し、IT化のために不可欠の新業務プロセス設計やソフトウェア要件定義までを実現してしまう、しかも無料というまるで魔法のような方法があります。今回はこの方法を紹介すると同時に、プロセス設計をしっかりと行うことでITがタテ割り/タコツボ状態をどうやって破壊し、ビジネスにどれだけのプロセス・イノベーションを実現するのかという、ITのもたらす本来価値についても併せてお伝えいたします。

【講師プロフィール】
羽生 章洋 (はぶ あきひろ)氏
エークリッパー・インク 代表

1968年 大阪生まれ。1989年 桃山学院大学社会学部社会学科を中退。
2つのソフトウェア会社にてパンチャー、オペレータ、プログラマ、システムエンジニア、プロジェクトマネージャなどとしてさまざまな業種、業態向けシステム開発に携わった後、アーサー・アンダーセン・ビジネスコンサルティングに所属。ERPコンサルタントとして企業改革の現場に従事。
その後、トレイダーズ証券株式会社の新規創業時においてIT事業部ディレクターとして、さらに株式会社マネースクウェア・ジャパンの新規創業時にIT担当取締役として参画。両社にて日本で初めてのリッチクライアント+OSSによるオンライントレーディングシステムを実現。
2001 年4 月に現在の株式会社マジカジャパンを設立して代表取締役に就任。
2011 年9 月に米国エークリッパー・インクを設立して代表に就任。以後、現職。企業成長支援として、ビジョン策定、業務設計、人材育成、業務のIT 化などの活動を行っている。
特定非営利活動法人Seasar ファウンデーション設立メンバーであり2004年から2006年まで初代理事の1人として日本のOSS普及にも貢献。
2006 年より2012 年まで国立大学法人琉球大学の非常勤講師。
2013 年より特定非営利活動法人原爆先生の理事。 著書に、『はじめよう!プロセス設計』『はじめよう!要件定義』『改訂第三版 SQL 書き方ドリル』(以上、技術評論社)『楽々ERD レッスン』(翔泳社)、『原爆先生がやってきた!〜原爆先生の特別授業「7000℃の少年」より〜』(産学社)、『いきいきする仕事とやる気のつくり方』(ソフトリサーチセンター)など多数。

趣味は映画鑑賞。例年は年間30本程度だが、2016年は映画の当たり年だったため鑑賞本数は62本、繰り返し観る作品も多かったため劇場に赴いた回数は70回以上に達した。2017年も同様に嬉しい悲鳴を上げるような年になることを期待中。

▼▽▼▽▼開催概要▼▽▼▽▼

日時: 2017年1月24日(火)
18:15-19:45 研究会 (18:00〜 受付)
19:45-20:30 交流会 (ビールとスナック)

場所: 日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社 本社
東京都品川区西五反田 四丁目32番1号
東京日産西五反田ビル 2F
(東急目黒線 不動前駅より徒歩2分)
http://www.ncd.co.jp/company/base/

参加費: 500円/人 (交流会費込み)
※ BPIA会員以外の方も参加できます

ナビゲーター:
下條 治 日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社 代表取締役社長
合田 友昭 日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社
井ノ上 美和

共催:
ビジネスプラットフォーム革新協議会(BPIA)
IT Media エグゼクティブ

▼BPIA オフィシャルサイト
目からウロコの「新ビジネスモデル」研究会
http://b-p-i-a.com/?page_id=6674

お申込みはこちらから↓↓↓

お名前 (必須)

会社名(必須)

ご部署 (必須)

メールアドレス (必須)

備考

認証
captcha

【受付開始】第105回 目からウロコの「新ビジネスモデル」研究会
『ソーシャルグッドとPR~社会課題解決のためのコミュニケーション~』


会員各位

お世話になっております。
第105回 目からウロコの「新ビジネスモデル」研究会は、11月29日(火)開催です。

お申込受付中です!
皆様のお越しをお待ち申し上げております。

——————————————————————————————————-
第105回 目からウロコの「新ビジネスモデル」研究会

日 時:2016年11月29日(火)18:15-20:30(受付開始18:00~)
場 所:日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社(不動前)
タイトル: 『ソーシャルグッドとPR~社会課題解決のためのコミュニケーション~』
講師:こくぼ ひろし氏
ひとしずく株式会社 代表取締役
——————————————————————————————————-

近年、日本でもCSRに取り組む企業が増えてきました。
けれど「ソーシャルグッド」や「ソーシャルデザイン」という言葉、聞いたことはあるけれど、イマイチ意味がよくわかっていない…という方も多いのでは?

最近の海外マーケティングの傾向では、ソーシャルデザインの考え方でアプローチする事例が多くなり、成果を上げています。世界的な広告賞の受賞作品も、約半数がNPO/NGOの事例。
「ソーシャルメディアの活用やテクノロジーの新規性で競う時代はもう終わり」とも言われています。

CSRの取組みをしてはいるけど、いまいち成果が…
マーケティングやブランディングに悩んでいる…

そんな方にぜひ聞いていただきたいお話です!

〜講師より〜
企業のCSRやCSV、エシカル消費、ソーシャルグッド、ソーシャルビジネス、事業型NPO。

課題先進国と言われる日本において、今後ますます注目されるであろう社会課題解決に関わるビジネス。また、社会課題解決の取り組みを訴求する際に必要となるコミュニケーションや広報・パブリックリレーションズ。

約10年間その両方の世界に身を置き、環境コミュニケーションやNPOの広報に携わってきた経験を踏まえ、様々なキーワードや取り組みを解説します。

また、本年起業したソーシャルグッド&NPO専門のPRエージェンシーであるひとしずく株式会社の事業内容やPR会社の事業内容、複業やテレワーク、週4日勤務等の今後制度を整える当社の働き方についてもお伝えします。

【講師プロフィール】
こくぼ ひろし氏
ひとしずく株式会社 代表取締役

1982年、神奈川県生まれ。2005年、立教大学法学部卒業。在学中より日本国際ボランティアセンターにて調査研究・アドボカシーチームでインターン。その後、広告代理店、株式会社オズマピーアール(環境・CSRコミュニケーション専門チーム)、株式会社東北新社 プロモーション制作事業部にて広報・PRセクションを立ち上げ、ソーシャル関連のベンチャー企業を経て独立。日本初のソーシャルグッド&NPO専門のPRエージェンシー ひとしずく株式会社を設立。 社会課題を解決するためのPRディレクションを生業とし、社会課題解決に取り組む人をPR領域から後方(広報)支援を行う。NPO/NGOの広報基盤強化のための支援も行っている。
INTERNATIONAL MARKETING EXCELLENCE AWARD 2014「金賞」、第12回JPMプランニング・ソリューション・アォード「ベスト・プロモーショナル・プログラム賞」受賞。

▼ひとしずく株式会社 公式サイト
http://www.hitoshizuku.co.jp

▼▽▼▽▼開催概要▼▽▼▽▼

日時: 2016年11月29日(火)
18:15-19:45 研究会 (18:00〜 受付)
19:45-20:30 交流会 (ビールとスナック)

場所: 日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社 本社
東京都品川区西五反田 四丁目32番1号
東京日産西五反田ビル 2F
(東急目黒線 不動前駅より徒歩2分)
http://www.ncd.co.jp/company/base/

参加費: 500円/人 (交流会費込み)
※ BPIA会員以外の方も参加できます

ナビゲーター:
下條 治 日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社 代表取締役社長
合田 友昭 日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社
井ノ上 美和 「ジョーシス」編集部 顧問

共催:
ビジネスプラットフォーム革新協議会(BPIA)
IT Media エグゼクティブ

▼BPIA オフィシャルサイト
目からウロコの「新ビジネスモデル」研究会
http://b-p-i-a.com/?page_id=6674

お申込みはこちら↓

お名前 (必須)

会社名(必須)

ご部署 (必須)

メールアドレス (必須)

備考

認証
captcha