例会 受付中

【受付中】BPIA 例会【2019年度第2回】(2019/2/20)

2019年度第2回目となるBPIA例会は、2月20日(水)朝8:00より開催です!

この度は、ローランド・ベルガー ダイレクターの<林 達彦氏>をお招きしてご講演いただきます。
どうぞ奮ってご参加ください!
たくさんの皆様のお越しをお待ち申し上げております。

日時: 2019年2月20日(水)朝8:00〜9:30(受付開始 7:45〜)
場所: 日本オラクル株式会社
オラクル青山センター 13F 会議室
外苑前駅 4B出口直結
http://www.oracle.com/jp/corporate/branch/aoyama-078891-ja.html
タイトル: MaaSが目指す社会と産業への影響
講師: 林 達彦(はやし たつひこ)氏
株式会社ローランド・ベルガー ダイレクター
対象: BPIA会員限定
参加費: 3,000円(朝食代込。当日申し受けます)
進行: 田村俊和(BPIA理事 例会担当)
日経BP社 取締役 経営メディア統括

※「例会」は、BPIA会長、会員経営者、または外部経営者知見者を講師に招き、グローバル時代の経営を様々な視点で議論し、相互研鑽とビジネス交流を図る、BPIA会員限定の勉強会となります。

 

◎講演概要

トヨタ自動車がモビリティカンパニーに変わっていくと宣言したように、交通にかかわるテクノロジー、ビジネスモデルは今後大きく変化する。その変化をけん引する一つの要素がMaaS(Mobility as a Service)の進展である。今回の講演では、日欧米で進んでいるMaaSの流れをその背景、各地での実例をもとに、やさしく解きほぐし、さらに自動車や不動産、保険などそれぞれの産業にどのような影響を及ぼすかを展望する。

 

◎講師プロフィール

林 達彦 (はやし たつひこ)
株式会社ローランド・ベルガー ダイレクター

1988年日経マグロウヒル社(現日経BP社)入社。機械、デジタルエンジニアリング、パソコン、デジタルガジェットの記者・編集者を経て、2004年より日経Automotive編集部、2015年より編集長として、自動車業界の技術・経営を長年取材する。2018年10月より、ローランド・ベルガーにて、移動の課題解決や地域創生にかかわる「みんなでうごこう!」プロジェクトのリーダー。東京工業大学修士、テンプル大学MBA。


お申込みはこちらから(「*」は必須項目です)
↓↓

認証
captcha