例会 受付中

【受付中】BPIA 例会【2019年度第4回】(2019/8/21)

→お申込みはこちらから

【開催概要】

日時: 2019年8月21日(水)朝8:00〜9:30(受付開始 7:45〜)
場所: 日本オラクル株式会
オラクル青山センター 13F 会議室

外苑前駅 4B出口直結
タイトル: アフターデジタル~中国から学ぶ日本型DXのあり方
講師: 宮坂 祐(みやさか ゆう)氏
株式会社ビービット 執行役員/エバンジェリスト
対象: BPIA会員限定
参加費: 3,000円(朝食代込。当日申し受けます)
進行: 田村俊和(BPIA理事 例会担当)
株式会社日経BP読者サービスセンター 代表取締役社長

※「例会」は、BPIA会長、会員経営者、又は外部経営者知見者を講師に招き、グローバル時代の経営を様々な視点で議論し、相互研鑽とビジネス交流を図るBPIA会員限定の勉強会となります。
 

◎講演概要

デジタルがリアルを包み込むようになった現代において、オンラインとオフラインを分けずに一体として捉え、オンラインにおける戦い方や競争原理から考える「OMO(Online Merges with Offline)」という考え方が重要となります。本講演では日経BPから3月25日に刊行されベストセラーとなっている「アフターデジタル」で紹介されている中国の先進事例とその事例の背景にある仕組みを解説すると共に、日本企業がデジタルトランスフォーメーションを成功させていくためのヒントをご提供します。
 

◎講師プロフィール

宮坂 祐 (みやさか ゆう) 氏
株式会社ビービット 執行役員/エバンジェリスト

一橋大学法学部卒業後、2002年にビービット入社。コンサルタントとして、メディア、金融、通信、メーカー等のウェブ戦略立案・成果向上プロジェクトを数多く実施。2013年からビービットのエバンジェリストとしてCX/UXをテーマに多くのマーケティングイベントに登壇。2016年に金融財政事情研究会より「顧客を観よ~金融デジタルマーケティングの新標準」を刊行。ビジネススクールのGLOBISで思考系クラスの講師を務める。
 


■お申込みフォーム ↓↓

(「*」は必須項目です)

【個人情報のお取り扱いについて】
→個人情報保護方針