【受付開始】2016年度第4回BPIA例会:AIによって変わる社会とビジネス~より付加価値を生む仕事の必要性~


資料請求の受付は終了いたしました。

会員各位

いつもお世話になっております。
2016年度第4回BPIA例会のお申込を開始いたします。

2016年度最終回となりますこの度の例会において、
KPMGコンサルティング株式会社代表取締役副社長、
椎名茂(しいな しげる)氏をお招きする運びとなりました。

椎名氏は、AI研究者兼経営者として各方面でご活躍されており、
この度【AIによって変わる社会とビジネス】についてご講演いただきます。

BPIA会員限定の大変貴重な機会となります。
たくさんの皆様のお越しをお待ち申し上げております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
BPIA 例会【2016年度第4回】

タイトル:AIによって変わる社会とビジネス
~より付加価値を生む仕事の必要性~

講 師:椎名 茂(しいな・しげる)
KPMGコンサルティング株式会社代表取締役副社長

2016年8月25日(木)朝 8:00~9:30/日本オラクル(外苑前)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

BPIA会員価値を増強する目的で2014年度よりスタートした「例会」は、
BPIA会長、会員経営者、または外部経営者知見者を講師に招いて、
グローバル時代の経営を様々な視点で議論し、相互研鑽とビジネス交流を
図ります。

◎講演概要

人工知能(AI)研究者でありグローバル・コンサルティング会社経営者である講師が、AIよって変わりつつある社会構造とビジネスのあり方を、豊富な事例を紹介しながら、解き明かします。
講演では、AIの現状と将来展望を最先端のトピックスを取り上げながら紹介した上で、AIでなくなる仕事、残る仕事、生まれる仕事についての、AI研究者兼経営者である講師ならではの視点で予測します。そして、変わりゆく社会構造への対応のあり方と、AI時代の経営のハンドルの仕方を提言します。
講師は、アエラ「AIでなくなる仕事 言葉の壁消滅 日本には好機」(2015年6月)、日経ヴェリタス「AI研究から転身 理系の伝える技 改善提案で実る」(2015年7月)、NHK国際報道2016「人工知能は囲碁で最も重要な大局観を手に入れた」(2016年3月)など、オピニオンリーダーとして活動してきました。本講演で、これまで提言してきた内容も含めて、AIと経営の最新情報を提供します。

◎講師プロフィール

椎名 茂(しいな しげる)
1964年東京都生まれ。慶應義塾大学理工学部卒、米ニューヨーク大学大学院でコンピュータサイエンスの修士号取得。
日本電気株式会社中央研究所で人工知能を研究。国内コンサルティング会社、プライスウォーターハウスクーパース株式会社社長を経て、現職。
グローバル経営戦略の実現サポート、IT戦略とイノベーション支援、AI・ビッグデータの経営活用等に従事。AI研究者兼経営者として各方面で活躍中。
日本人工知能学会会員、情報処理学会会員。
日本障害者スキー連盟副会長。

———————< < 実施概要 >>————————-

■日時:2016年8月25日(木)朝 8:00~9:30 (受付開始 7:45~)
8:00~9:15 講演
9:15~9:30 質疑等
9:30~   懇談等

■場所: 日本オラクル株式会社
     オラクル青山センター 13F 会議室
     外苑前駅 4B出口直結
http://www.oracle.com/jp/corporate/branch/aoyama-078891-ja.html

■対象: BPIA会員限定

■参加費:3,000円(朝食代込。当日申し受けます)

■講師:椎名 茂(しいな・しげる)
KPMGコンサルティング株式会社代表取締役副社長

■進行:田村俊和(BPIA理事 例会担当)
株式会社日経BPマーケティング 取締役
日経BP社 執行役員 販売担当

■お申込みはこちら
 ↓↓↓
締め切らせていただきました。