【第58回 目からウロコの「新ビジネスモデル」研究会】

テーマ:動員数2日間のべ約1100名の実績をもつ『音泉温楽』
~宣伝費が無くとも地方に若者が集まる仕組みとは?~
講 師:佐藤 拓也 MASTER OF LIFE Co.,Ltd 代表取締役
2012年10月30日(火)16:00~ / 市ヶ谷 アーク情報システム

■お申込み先はこちら ↓↓↓
http://b-p-i-a.com/attend/new_business_model/attend-58.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『音泉温楽』は、地方の温泉地を舞台にした旅と出会いの音楽イベント
です。

出演者は、勝手に観光協会(みうらじゅん&安齋はじめ)さん始め、サ
ワサキヨシヒロさん、TEI TOWAさんなど、コアなファン層を持つアーテ
ィストたち。そこに、ツイッターやブログ等のSNSでイベントのこと
を知った都心の若い世代が、遠い温泉地に大勢集まってきます。

実績の一部は次の通り。

 音泉温楽2010・信州渋温泉:動員数2日間のべ約1100名
 音泉温楽2011・春 上州群馬・四万温泉:動員数2日間のべ約300名
 音泉温楽2011・冬 信州長野・渋温泉:動員数2日間のべ約350名
 音泉温楽2012・九州佐賀・嬉野温泉:動員数2日間のべ約300名

イベントの大きな特徴は、参加者と地元の方々が協力して、その土地の
文化や歴史、風土や環境に合わせて、オリジナルのお祭りを創りあげて
ゆくこと、そして参加した若者が再びその土地を訪ねるというリピータ
ー率が高く、一過性のイベントで終わらない点にあります。温泉音楽が
はじまって4年目。地元に持続的な経済効果をもたらすという良いサイ
クルが回り始めました。

イベントの仕掛け人で今回の講師・佐藤拓也さんの想いは、”10年20年
先まで一緒に楽しめる温泉祭りで、日本のすばらしい文化や心を次世代
に繋ぎたい”です。

当日の主なトピックスは、

・お金の掛からない効果的な宣伝方法とリピーター獲得の秘策

・地方に若者をどう呼びこむか。

・いかに滞在時間を延ばして地元への経済効果を高めるか。

・国内旅行やお祭りイベントの現状とこれから

・皆(お客様/地元/主催者)で楽しくお祭りを継続していくコツ

・今後の展望
 -お客様と地元の人々のネットワーク構築
 -ECを活用した特産品などの通信販売
  -人材育成
  -日本中を祭りで元気にするイベント創造

どうぞご期待ください。

◎音泉温楽WEB
http://onsen-ongaku.com/

---------------------------<記>-------------------------------

■日時: 2012年10月30日(火)
     16:00~19:00 研究会 & ワインコイン(500円)交流会

■場所: 株式会社アーク情報システム(市ヶ谷)
     AKビル2階「大会議室」
     千代田区五番町6-1
↓地図(本社ビル隣です。JR市ヶ谷駅から日テレ方向に徒歩3分程度)
http://www.ark-info-sys.co.jp/jp/guide/map_2.html

■講師: 佐藤 拓也  MASTER OF LIFE Co.,Ltd 代表取締役
                   

         (さとう たくや)
     1999年 日本工業大学 電子工学科卒業
         1999年 (株)佐藤通信工業入社
         2000年 インターナショナル・ビジネス・アカデミー入学
                 (オーストラリア)
         2004年 (株)NAT入社(企画、製作部)
         2006年 MASTER OF LIFE Co.,Ltd 設立


■ナビゲータ:

 片貝孝夫 片貝システム研究所代表
 岩佐 豊 ワイ・エス・マネジメント代表取締役社長

■共催: ビジネスプロセス革新協議会(BPIA)
     IT Media エグゼクティブ
http://mag.executive.itmedia.co.jp

■定員: 40名。

■お申込み先はこちら ↓↓↓
http://b-p-i-a.com/attend/new_business_model/attend-58.html
※後日受領メールをお送りします。