いざアフリカで栄養改善を!いざガーナで!!真に相乗的な官民連携による、Universal “Nutrition” and Health Coverageへの挑戦
受付中 目からウロコの新ビジネスモデル研究会 研究会 2021年度 研究会/講演会

【受付中】第155回 目からウロコの「新ビジネスモデル」研究会(2021/10/26)
『いざアフリカで栄養改善を!いざガーナで!!真に相乗的な官民連携による、Universal “Nutrition” and Health Coverageへの挑戦』
講師:高橋 裕典
KOKO Plusファンデーション カントリーダイレクター

→お申込みはこちら


【開催概要】

タイトル いざアフリカで栄養改善を!いざガーナで!!真に相乗的な官民連携による、Universal “Nutrition” and Health Coverageへの挑戦
日時 2021年10月26日(火)
18:00〜 アクセス可
18:15〜20:00 研究会
開催方法 Zoom
※参加表明をいただいた方には、後日、開催情報(URL等)をお送りします
講師 高橋 裕典 (たかはし ゆうすけ)氏
KOKO Plusファンデーション カントリーダイレクター
申込方法 事前のお申込みが必要です。下記フォームまたはFacebookイベントページよりお申込みください。
備考 BPIA会員以外の方も参加できます

 

【講師より】

人類発祥地、アフリカ大陸。 アフリカはラストフロンティアとも呼ばれ、今世界中から注目を浴びる巨大市場です。現在、総人口は約12億人。
その市場規模は200兆円とも言われています。
しかし、そんな可能性に満ちた場所で活動する日本人はまだ多くはありません。
日本からはまだ心理的にも物理的にも遠いアフリカ。
アフリカは元々は八百万の神々を振興するアニミズムの大陸であり、ルーツの部分では実は日本と親和性が高く、ぜひビジネスとしても人的交流としても日本とアフリカの連携を深めたいところです。

公益財団法人味の素ファンデーションでは、そのアフリカにおけるガーナで、離乳児の栄養改善のためのソーシャルビジネスモデルの構築を行っております。
栄養失調は世界で最も深刻な健康問題であり、乳幼児死亡率を高める唯一最大の原因です。
開発途上国では、ほぼ3分の1の子どもたちが発育不全や微量栄養素欠乏症となっています。
近年、急速な経済発展を遂げているガーナでも、依然として2才の子どもの約3割が低身長という栄養不足の問題に直面しています。また、生後6か月から24か月の離乳時の栄養不足による低身長や脳の成長抑制の問題は、それ以降に充足させても回復しないと考えられています。

そのような現状に対して、味の素(株)では2009年にガーナ大学からの要請を受け、「ガーナ栄養改善プロジェクト」を開始。koko(ココ)と呼ばれるガーナの伝統的な離乳食の栄養を強化するために、「KOKO Plus」という独自の栄養サプリメントを開発・提供しています。
本プロジェクトは2017年4月より味の素ファンデーションに移管されました。

現在当方は、元々バイオテクノロジーの技術者として味の素に入社。アミノ酸製造の研究をした後、日本の九州地域でバイオマスやアミノ酸を活用し、環境にも、農家・小売業者・消費者などにも優しい新たなバリューチェーンの開発を手掛けました。
そして、現在は日本とガーナの2つのフィールドで、「ガーナ栄養改善プロジェクト」を官民連携のソーシャルビジネスとしてスケールアップさせ、持続可能なモデルとして確立するために奮闘しています。更に、日本の政策である「アフリカ健康構想」を契機に、日本の官民の貢献により、ガーナのヘルスケアを底上げしたい日本企業が集まり、ガーナにおける「誰一人残さない栄養・保健(Universal “Nutrition” and Health Coverage)」の具現化に向けて
駒を進めつつあり、官民連携ならぬ、5者の「官官民民民」連携となっています。

・ガーナが持つ国の魅力とソーシャルビジネスモデルを構築する上での苦労は!?
・我々の栄養課題解決のソーシャルビジネスで必須となった官民連携のモデルとは?
・アフリカ健康構想の民間連携を通して実現したいガーナ、そしてアフリカの未来とは!?
実際にガーナでビジネスしていく楽しさや苦労、ビジネスを通して実現したい将来のビジョンなど、
「Go to Africa」だからこそ話せる現地ビジネスのリアルを語りたいと思います。

・アフリカに興味がある人
・アフリカビジネスに挑戦したい人
・アフリカの研究をしている方、研究内容をディスカッションしたい方
・とにかくアフリカの話がしたい人
・アフリカ関連のネットワークを広げたい人
・もちろん、アフリカを全然知らない方も大歓迎です!
・海外ボランティアに行ってみたい!
・新しい価値観や刺激に出逢いたい!
・とにかく楽しいことが好きな方!!!!!

多くの方のご参加をお待ちしております。
 

◎講師プロフィール

高橋 裕典(たかはし ゆうすけ)氏
KOKO Plusファンデーション カントリーダイレクター

東京工業大学生命理工学研究科修了
一橋大学大学院国際企業戦略研究課終了(MBA)
農業版技術経営管理士(佐賀大学)
中小企業診断士
1976年広島県竹原市出身。
2000年味の素入社、研究所、工場にて発酵技術の研究開発に従事。2011年から工場からでる発酵副産物を活用した事業開発を行い、企業・農業生産法人横断型のプロジェクトを立ち上げ「九州力作野菜」として事業実現し、”目からウロコ”にも出させていただいた。
本プロジェクトは2014年度「地球温暖化防止活動 環境大臣表彰」、2019年度「ジャパンSDGsアワード内閣官房長官賞」を受賞。
2019年より味の素ファンデーションにて、ガーナにおける乳児の栄養改善プロジェクト「ガーナ栄養改善プロジェクト」に参画し、国・国際機関・企業を巻き込み持続的なソーシャルインパクト形成のためのソーシャルビジネスモデルの構築を目指している。

【外部リンク】


■お申込みフォーム ↓↓

(「*」は必須項目です)

    【個人情報のお取り扱いについて】
    →個人情報保護方針

    ※お申し込み控えのメールがお手元に届かない場合は、お手数ですがページをリロードしてもう一度フォームにご入力いただくか、事務局までお問い合わせください。


    ■ナビゲーター

    井ノ上 美和

    ■共催

    ビジネスプラットフォーム革新協議会(BPIA)
    IT Media エグゼクティブ


    ▶目からウロコの新ビジネスモデル研究会 トップページ(BPIAサイト)
    ▶目からウロコの新ビジネスモデル研究会 Facebookページ