企業活性化研究会

─ 特徴ある経営で成功している企業の成功要因等を中心に分析し、
日本企業を活性化するための企業のあり方や施策、働き方等について検討する会 ─

 特徴ある経営(独自の組織運営や評価制度、雇用制度、イノベーション創生、脱下請け等の施策)で成功している企業の成功要因を中心に分析し、日本企業を活性化するための企業のあり方や施策、働き方等について検討するという趣旨で活動しています。

 これまで、企業における仕事のやり方に関して調査分析し、代表的な理想の働き方(ワークモデル)を提案することを目的として、働き方革新や経営革新に意欲的な企業の訪問、経営者ヒアリング等を随時実施してきました。また東日本大震災に関連して公開シンポジウムなどを開催し、平時からリスクに対応した働き方やプロセスを組み込んでいくことが重要であることを事例の紹介から訴えました。また、モチベーション高揚で多くの企業が悩んでいる実態も明らかし、その課題解決に関する施策についてワークショップを開催しました。さらには、企業活性化の尺度などについての議論をしてきました。

 そして、地方創生に関連し、“働き方改革による企業と地方の活性化”、“イノベーションと地方創生”などをテーマとして設定し、“「日本のどこでも同じような企業活動ができるビジネスプラットフォームとは何か」について議論し、なぜ東京のような大都市でなければならないか、なにが変われば集中の構造が変わるのかを追求するとともに、地方都市で成功している企業、都市に機能を集中していない企業等の調査検討をしてきました。そして、「企業活性化と地方創生」に関するいくつかのレポートをホームページに掲載しました。
 さらに、“Society 5.0(未来社会創造、未来投資戦略、第4次産業革命、AI化等)時代における社会動向変化の働き方への影響について”をテーマとして設定し、日本の成長モデルとして位置づけられたSociety 5.0が、働き方、職業職種、役割や責任等にどう変化を与えるかを議論しました。そして、レポート「次世代が求める働き方とは」では、“働き方に関連する事象の現状認識、海外との比較、日本の働き方の課題と解決、Society5.0時代の働き方へのアプローチ”について記述しました。

 毎月の定例研究会では、企業活性化に関連する文献(論文や報告書)、各省庁の発表資料、報道記事、インタビュー記事などをいくつか取りあげて議論し、上記の研究会テーマの検討に反映させています。ここで取りあげる資料には、働き方改革や生産性向上のほか、M&A、人事施策、イノベーションなどの経営課題、IoTおよびセキュリティ、AIや自動化などの先端技術や生産技術の課題も含まれます。

 最近の事例研究(企業訪問&経営者ヒアリング等)では、石川県金沢地区の有力企業5社を訪問しました。金沢近郊では、地域や伝統に根づいた特徴ある中堅のオーナー企業が多く、経営者間の横のつながりがあり、お互いの切磋琢磨につながっています。新規事業への挑戦意欲が高いことも特徴といえますが、金沢だからできたこと、オーナー企業だからできたこと、金沢だから守れたことなども多数あるように感じます。
 これまでに、創業の地である徳島にこだわりをもつ大塚製薬、企業誘致を積極的に展開している和歌山県庁、和歌山県白浜町ITビジネスオフィスにオフィスを開設したセールスフォース・ドットコム、白浜に新本社を開設したクオリティソフト、さらには、伝統と革新性を企業風土として醤油を世界展開するキッコーマン、独自の旅館経営や働き方の改革に取り組み、旅館業務のシステム開発を事業化した鶴巻温泉の陣屋&陣屋コネクト、働き方改革やオフィス改革による生産性向上を実践しているNECネッツエスアイ、三菱地所、竹中工務店など、30以上の企業や組織を訪問しました。これらの訪問の状況についても、ホームページで公開しています。

 今年度も、引き続き、新しい時代の企業活性化施策や働き方について議論し、「次世代が求める働き方改革とは」の内容をさらに精査いたします。また、イノベーションと地方創生のテーマについても議論を深めてまいります。これまで同様、地方の成功企業や積極的に施策を展開している団体等を訪問し、活性化の要因を分析します。
 また、経営や働き方に対する新しい施策やオフィス改革を実施した企業の動向を継続調査し、特色のある施策やオフィスを展開している企業については見学やヒアリング調査をします。
 さらに、近年の自然災害の増加や社会環境の変化にともない、企業の事業継続は重要なテーマとなっています。過去にも、研究会でリスクマネジメントを検討テーマといたしましたが、再度、啓蒙警鐘の意をこめて、検討の対象にしたいと思います。

 研究会のテーマや実施方法については、つねにメンバで話し合いをしております。変化の激しい時代ですので、最新の話題を取り入れながら検討内容も柔軟に変化させています。

 

■ナビゲータ(座長)

岡田 正志  B&Tコンサル・オフィス  代表
<おかだ まさし> 名古屋大学大学院工学研究科修了。機器制御、分析機器、システム開発技術の研究、ソフト振興関連の国家プロジェクトなどに従事した後、NECソフト(現:NECソリューションイノベータ)株式会社では、基本ソフトやアプリケーションシステムの開発、生産技術の開発や品質管理のほか、社内業務や情報システムの改革、新オフィスの企画建設整備などにも参画。他に、大学の非常勤講師、各種委員会委員などを歴任。ソフトウエアやシステム開発等に関連する著訳書多数。最近は、IoT、AI、働き方改革、イノベーションなどが関心のテーマ。

 

■実施スケジュール

定例研究会は月1回開催 (現時点では第三木曜の15時からとしていますが、参加者の都合で調整しております。)また、テレビ会議を活用し、出張等の場合にも研究会の議論に参加できるようにしています。企業訪問は年に数回実施しています。(ほかに、公開セミナーやワークショップを開催することがあります)
 


■これまでホームページに掲載したレポートの例

企業活性化研究会 活動レポート
2020.3 企業活性化研究会では、月1回の定例研究会で、”働き方改革による企業と地方の活性化”、”イノベーションと地方創生”、”Socie
企業訪問レポート 石川県金沢地区企業訪問
 企業活性化研究会では、「特徴ある経営で成功している企業の成功要因を中心に分析し、日本企業を活性化するための企業のあり方や施策、働き方等について検討する」という趣旨で活動しています。 最近の研究テーマ
企業訪問レポート 竹中工務店 東京本店
竹中工務店では、2025年のグループ成長戦略実現のための経営基盤強化の一環として、ワークプレイスの改善、オープンイノベーションの場の提供、環境コンセプトの推進などの施策を、THI(東京本店イノベーショ
企業訪問レポート 三菱地所株式会社 新本社
企業活性化研究会では、2018年1月に「新たな価値を創出し続けるオフィス」を目指して、大手町ビルヂングから大手町パークビルディングに本社を移転された三菱地所株式会社の新本社を訪問いたしました。三菱地所
企業活性化および働き方に関連する研究会の20年の系譜
※2020/03/04更新 「”企業活性化 および働き方” に関係する研究会の推移」はこちらからダウンロードできます BPIA(発足時は、ビジネスプロセス革新協議会)は、発足2
次世代が求める働き方とは (考察と提言)
※この記事はこちらからもダウンロードできます   企業活性化研究会は、2012年まで「働き方革新研究会」という名称で活動してきました。働く側と経営側の両面で、イノベーション、生産性、モチベー
企業訪問レポート 鶴巻温泉 元湯 陣屋
企業活性化研究会では、月1回の定例会のほか、年数回の企業訪問を実施しています。今回の企業訪問では、自社開発によるIT化、IoT活用による生産性向上や経営改革、サービスの質の向上、働き方の改革などで、た
企業訪問レポート キッコーマン食品株式会社 野田工場
平成29年11月28日実施 企業活性化研究会では、月1回の定例研究会のほか、年に数回、特徴ある経営で成功している企業を訪問しています。今回は、キッコーマングループのキッコーマン食品株式会社 野田工場を
企業訪問レポート NECネッツエスアイ株式会社 飯田橋本社
今年2月に出版された「NEW OFFICE」(第29回日経ニューオフィス賞受賞オフィス特集号)の記事“日経ニューオフィス賞受賞企業5年間の変遷”でNECネッツエスアイ株式会社の飯田橋本社が紹介され、ま
企業訪問レポート 白浜ITビジネスオフィス、和歌山県庁ほか
企業活性化研究会では、特徴ある経営で成功している企業の成功要因等を中心に分析し、日本企業を活性化するための企業のあり方や施策、働き方等について検討してきました。これまで、企業における仕事のやり方に関し
企業のイノベーションが地方都市活性化の原動力~事例研究:大塚グループの徳島へのこだわり~
表示に多少時間がかかる場合がございます。 (見にくい場合には資料右上のポップアップボタンをクリックしてご覧ください。)