目からウロコの新ビジネスモデル研究会

チャレンジ精神を忘れた日本人に”気付き”を与える!!


※研究会発足:2007年11月より

「チャレンジ精神を忘れた日本人に”気づき”を与える!!」をテーマに、毎月様々な分野からゲスト講師をお招きし、視野を広げたり、違った角度から物事を見るきっかけとなる講演とディスカッションを開催。終了後には、交流会を毎回実施し参加者同士の交流も深めている。

2007年11月に片貝システム研究所 片貝孝夫氏と元ダイヤモンド社社長 岩佐豊氏により研究会発足。
2012年より井ノ上美和がナビゲーターに加わる。
2016年に片貝氏と岩佐氏が逝去されたため、日本コンピュータ・ダイナミクス社社長 下條治と経営企画室 室長 合田 友昭が後任となる。

■ナビゲータ

Shimojo下條 治
日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社 代表取締役社長

<しもじょう おさむ> 1958年1月大阪市生まれ。1981年3月日本大学法学部政治経済学科卒業と同時に結婚、紙問屋に就職、営業を叩き込まれる。1986年 3月日本コンピュータ・ダイナミクス㈱入社と共に子会社(北海道森町)へ赴任、以来恵庭市を経て約15年間北海道在住。2000年11月子会社の㈱日本システムリサーチ(現:NCDテクノロジー㈱)取締役、2012年4月より日本コンピュータ・ダイナミクス㈱代表取締役社長。妻、三女の3人暮らし。両親健在、孫3人。プライベートの楽しみは休日昼から飲む大衆居酒屋での”ホッピー”。30代から痛風系。故・片貝孝夫氏はITリテラシーの低い私にとって20年来の先生であった。

Goda合田 友昭
日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社 経営企画室 室長

<ごうだ ともあき> 1964年12月東京都北多摩地区生まれ。 中央大学商学部在学中に「コンピュータを利用した経営戦略」なるゼミを専攻し、コンピュータと出会う。「表参道勤務」に憧れて日本コンピュータ・ダイナミクス(株)でアルバイトを開始し、コンピュータをダイナミックにユースする理念に共感し社員として入社。一貫してシステム開発に従事し、システム開発部長、マネージドサービスセンタ副センター長、IT Improvement室長を経て2017年より現職。愛煙家であったが、肺気胸を患ってからきっぱりと縁をきり、東京西部を中心に里山歩きを楽しんでいる。

miwa井ノ上 美和
<いのうえ・みわ>メキシコ、スペイン在住歴6年のラテン系。海外および国内企業で業務・組織改善、人財育成、マーケティング、新規プロジェクトなどのコンサルティングの他、学校や企業での講演や研修も。日経BPnet連載コラム「Miwaがゆく!超ダイバーシティのリアルな世界」は、カリフォルニアのチェリー工場でメキシコ人ワーカーと一緒に現場からの業務改善を成功させた事例紹介。スペイン語の通訳翻訳業では、ビジネス通訳のほか、フジテレビ「奇跡体験!アンビリーバボー」等メディア出演も。Facebook ID: miwalatina

■運営内容

参加費:500円(交流会費込)
対象:BPIA会員及び非会員
共催:IT Media エグゼクティブ

■実施スケジュール

月1回。原則、最終週の火曜日 18:15〜20:30。12月は休会。全11回。
会場は日本コンピュータ・ダイナミクス(不動前)。

■受付中および開催済み